修理するタイミング

ビジネスシューズなどは特に消耗が激しく修理に出さなくてはならない靴ですが、そうした頻繁に使う靴の修理のタイミングはどのくらいがベストといえるか説明します。

ビジネスシューズのヒールは革製の物とラバー製のものがあり、革製の物は革が何層も重ねられかかとの後端部分にラバーが使用されています。修理時期の目安は革製の物は端のゴム部分が一層減った辺りで、ゴム製の物は摩耗が1cmほどになったら修理を考えた方が良いでしょう。
つま先なども同じで、多層構造になっている物でしたら一層目が減った辺りで修理に出します。早めに修理すれば表面だけの修理で値段も安めに仕上がりますが、そうでない場合靴底全体を張り替える必要があったり、かかと部分を削ることが必要になるので注意してください。かかと部分を削る修理の場合高さが変わってしまう為、お気に入りの靴が微妙に変化してしまうのでそうした事が気になるという方は必ずは止めの修理を心がけてください。

お気に入りの靴を長く履き続けるには極力毎日履かないようにすることも重要だと言います。概ね一日履いたら中二日は置くと良いのですが、これは汗で籠った湿気を飛ばす必要があるからです。細かな修理や、そうした湿気などに気を付けてお気に入りの靴を長く履き続けられるように大切に扱ってください。

未分類

パンプスの修理

女性の足を美しく見せるヒールですが、かかと部分のゴムが削れてしまうとカツカツと音が鳴ってしまい恥ずかしいですし、金属部分が露出していると滑りやすくなったり、地面の凹凸に引っかかり転倒してしまう危険があります。特にピンヒールなどは消耗が激しくすぐにゴムが擦り切れてしまいます。そうした際に、修理に出しているという方も多いかと思いますが、修理に出すと時間が掛かりますし、毎回の修理費を考えると新しい物を買った方が安いのではと考えてしまうでしょう。ですが、このかかとを自分で修理する事が出来れば毎回出している修理費を少し減らせることになります。

ヒールの修理にはまず、金具の周辺にある古いゴムを取り外し、金属部部をかかとから抜く作業をします。これにはペンチなど使っててこの原理で引き抜けば手軽にできます。その後は市販されているヒール用のゴムを差し込み、安定した場所でハンマーなどで叩いて完成となります。
物によってはこの後にヒールのサイズに合わせてゴムを切る事もありますが、基本的には使用しているヒールのゴムのサイズにあった商品を選べば問題はないでしょう。市販の修理キットはなんとなく難しそうと考える人も多いかと思いますが、意外と簡単にでき、コストもそれほど掛かりませんので挑戦してみては如何でしょうか。

未分類

かかとの補強

愛用の靴を長く使い続けるために一番良いのは、靴底が擦り切れてしまう為に補強をするなどして、そもそも痛まないようにしてやるという方法です。その方法を採れば靴底のゴムが傷んでしまい修理しなくてはならない、という頻度も減りますし、修理の回数が減ればそれだけ長く使っていけるという事にも繋がります。

靴のかかとを補強するには自分で補強キットを購入してしまうのが良いでしょう。価格は大体千円前後の物が多く、補強に慣れてしまえばそれほど時間や手間もかからずに出来るためお勧めです。多少の擦り切れ程度であれば自分で補修した方がコストは掛からない為良いのですが、本格的な張替が必要となってくると少し難しくなります。
一応そうした張替のできる物として、型取りして使用するものなどがありますが、接着の手間や綺麗に仕上げる事を考えると本格的な補修は靴修理の「靴専科」などの専門店に任せる方が良いでしょう。また、そのようにかかとなどを交換しなくてはならないほどすり減ってしまっているのでしたら早めの修理をおすすめします。
かかとゴムがすり減ったまま使用しているといずれ靴本体まですり減ってしまい、いざ修理するときに修理が難しくなってしまう事や料金が余計にかかってしまう事、最悪の場合修理できない、という事にもなりかねません。

未分類

靴修理で長く愛用

お気に入りの靴というのを皆さん一側は持っていると思います。デザインが気に入っていたり、何か思い出のある品であったり、気に入っている理由は人それぞれですが、そんなお気に入りの靴も使っているうちに少しずつ消耗していってしまいます。特に靴のかかと部分なんかはダメージが溜まりやすく、ゴムの部分がすり減っていき最終的には履けなくなってしまうという方が大半でしょう。ですが、中にはそんなお気に入りの靴を十年間も大切に吐いているという人もいます。それも擦り切れたみすぼらしい物では無く、綺麗な姿のままです。

靴というものは消耗品です。日常の何でもないシーンで履いている靴も、ここぞという大事な時に履いていく大切な靴も、どちらも変わらずにいつか履き潰してしまう日が来るでしょう。そうならない為に、大事な靴は日頃あまり履かないようにしていたり、普段履く靴は安く買えるものにしたりと工夫して生活しています。ですが、折角デザインが気に入った靴なのに普段から履けないというのではなんだか勿体ないという気がします。

お気に入りの靴を長く愛用するためには、使用頻度を減らすという方法以外にも靴を修理しながら長く使っていく、という手段があります。これでしたら普段から好きな時にお気に入りの靴を履けますし、長く愛用していく事が出来るでしょう。このサイトではそうした靴修理についての解説や紹介をします。愛用の靴を長く使っていきたいという方はぜひ一度ご覧になってください。

未分類