かかとの補強

0 Comment

愛用の靴を長く使い続けるために一番良いのは、靴底が擦り切れてしまう為に補強をするなどして、そもそも痛まないようにしてやるという方法です。その方法を採れば靴底のゴムが傷んでしまい修理しなくてはならない、という頻度も減りますし、修理の回数が減ればそれだけ長く使っていけるという事にも繋がります。

靴のかかとを補強するには自分で補強キットを購入してしまうのが良いでしょう。価格は大体千円前後の物が多く、補強に慣れてしまえばそれほど時間や手間もかからずに出来るためお勧めです。多少の擦り切れ程度であれば自分で補修した方がコストは掛からない為良いのですが、本格的な張替が必要となってくると少し難しくなります。
一応そうした張替のできる物として、型取りして使用するものなどがありますが、接着の手間や綺麗に仕上げる事を考えると本格的な補修は靴修理の「靴専科」などの専門店に任せる方が良いでしょう。また、そのようにかかとなどを交換しなくてはならないほどすり減ってしまっているのでしたら早めの修理をおすすめします。
かかとゴムがすり減ったまま使用しているといずれ靴本体まですり減ってしまい、いざ修理するときに修理が難しくなってしまう事や料金が余計にかかってしまう事、最悪の場合修理できない、という事にもなりかねません。