修理するタイミング

0 Comment

ビジネスシューズなどは特に消耗が激しく修理に出さなくてはならない靴ですが、そうした頻繁に使う靴の修理のタイミングはどのくらいがベストといえるか説明します。

ビジネスシューズのヒールは革製の物とラバー製のものがあり、革製の物は革が何層も重ねられかかとの後端部分にラバーが使用されています。修理時期の目安は革製の物は端のゴム部分が一層減った辺りで、ゴム製の物は摩耗が1cmほどになったら修理を考えた方が良いでしょう。
つま先なども同じで、多層構造になっている物でしたら一層目が減った辺りで修理に出します。早めに修理すれば表面だけの修理で値段も安めに仕上がりますが、そうでない場合靴底全体を張り替える必要があったり、かかと部分を削ることが必要になるので注意してください。かかと部分を削る修理の場合高さが変わってしまう為、お気に入りの靴が微妙に変化してしまうのでそうした事が気になるという方は必ずは止めの修理を心がけてください。

お気に入りの靴を長く履き続けるには極力毎日履かないようにすることも重要だと言います。概ね一日履いたら中二日は置くと良いのですが、これは汗で籠った湿気を飛ばす必要があるからです。細かな修理や、そうした湿気などに気を付けてお気に入りの靴を長く履き続けられるように大切に扱ってください。