ヒールのかかと女性の足を美しく見せるヒールですが、かかと部分のゴムが削れてしまうとカツカツと音が鳴ってしまい恥ずかしいですし、金属部分が露出していると滑りやすくなったり、地面の凹凸に引っかかり転倒してしまう危険があります。特にピンヒールなどは消耗が激しくすぐにゴムが擦り切れてしまいます。そうした際に、修理に出しているという方も多いかと思いますが、修理に出すと時間が掛かりますし、毎回の修理費を考えると新しい物を買った方が安いのではと考えてしまうでしょう。ですが、このかかとを自分で修理する事が出来れば毎回出している修理費を少し減らせることになります。

ヒールの修理にはまず、金具の周辺にある古いゴムを取り外し、金属部部をかかとから抜く作業をします。これにはペンチなど使っててこの原理で引き抜けば手軽にできます。その後は市販されているヒール用のゴムを差し込み、安定した場所でハンマーなどで叩いて完成となります。
物によってはこの後にヒールのサイズに合わせてゴムを切る事もありますが、基本的には使用しているヒールのゴムのサイズにあった商品を選べば問題はないでしょう。市販の修理キットはなんとなく難しそうと考える人も多いかと思いますが、意外と簡単にでき、コストもそれほど掛かりませんので挑戦してみては如何でしょうか。最後に修理するタイミングについて紹介します。